春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:聴覚障害

コミュニケーション方法としての「手話」のコメント欄において、榎本さんが興味深いサイトを紹介してくれましたので、

ここで改めて取り上げておきます。



ろう文化は自閉文化のモデルになりうるか



そもそも、ろう文化ということ自体を私は知らなかったのですが、

この文章を読んでも、いまいち「ろう文化」ということに対して、そうだそうだとは思えませんでした。

経験値が少ないせいだと思いますが。

作者の、ろう文化と同じく自閉文化も!という提言については納得できました。



それで、この文章の中で、いくつか気になったところを引用しておきます。

気になった、心の針が振れたということで、賛成反対についてはあえて書きません。



「ろう者」というのは、聴力の有無で決まるのではなく、「ろう者らしいふるまい、行動をするかどうか、手話という言語を共有しているか、ろう者文化を共有しているかどうか」で決まるのだということです。同じように聴力がなくても、中途失聴者や難聴者など「ほかの耳のきこえない人たち」は、共通の文化を持っていないから、「ろう者」ではないのに、聴者にはこの区別が見えず、「ろう者」が自分たちの文化、社会を大切に思う気持ちをつかみそこなうことが多いという話でした。


ろう者の社会では、自分たちも障害者、視覚障害者や肢体不自由者も障害者、同じ障害者どうし、というようには考えられていない、というのです。盲(もう)の人や肢体不自由の人は、まず「聴者」。そして、「聴者」の中のサブタイプとしての「障害者」だという感覚があるというのです。


まだ聴者の世界には、手話が日本語の代替手段だと思っていたり、手話を使うと日本語が上達しないと思っていたり、いろいろ誤解をしている人が多いのには腹が立ちます。ろう文化でさえ、まだまだ認められていない、知られていないのだから、自閉文化だなんて夢のまた夢かもなー、と、ちょっとブルーになってしまったマルハナバチなのでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

主に、聴覚障害の人のためのコミュニケーション手段として、

手話というのがある。

今思えば、ドラマ「オレンジデイズ」では、普通に妻夫木を始めとした登場人物たちが使っていた。

聴覚障害の柴咲に関しては、ずっと手話だった。最終回で初めて一言、言葉を発したくらいだった。

あれは何でみんな手話を知っている設定だったのか、忘れた。

記憶を元に書いているので違うかもしれない。



で、手話である。

言葉自体は、みんな知っていると思う。が、具体的に使える人ってどのくらいいるのだろうか。

僕は、使えない。部分的に、自己紹介とか知ってはいるけど。



そう考えると、コミュニケーション手段としての手話って、

とても心もとない、頼りないもののように思えて仕方がない。

万人が知っているものではないので、実用的ではない。



じゃあ、何がいいのか。って話だけど、これは難しい。

明確な答えが出せていない。



強いて言うならば、筆談かな。と思う。

識字率は高いわけだから。



聞いた話なので本当かどうかは知らないけど、

聴覚障害の人は、読唇術ができるように訓練するそうだ。

また、ある程度の発声ができるまで訓練するとか。

よって、手話はあまり用いられていないとか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ