春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:身体障害者

欅坂46の世界観(楽曲と歌詞)が好きで、わりと聴いていました。
AKBグループの違いが分からない方は、以下が参考になります。



歌詞が好きということは、60過ぎた秋元康というおじさんを礼賛していることにもつながるのですが…
ある日、メンバーの長濱ねるちゃんという子の顔面が、どタイプだということに気がつきました。
顔が、どタイプなことって今までなかったのですが、自分にとって、ど真ん中・どストライクでした。
ねるという名前も妙に気になりました。本名だそうです。

写真集も購入しました。


表紙を飾っている雑誌も何冊かあります。
握手会に参加するという発想はなかったのですが、急に行ってみたくなりました。

ということで、欅坂46の握手会に初めて参加しました。
世間で散々言われてたり、ときどき一部の思い込みが激しいおかしな人間が事件を起こしてるのに続けられているAKB系・坂道グループのイベントです。

システムやルールがパッと見では分からないので、欅坂46のLINEグループに潜入して質問したり、参加したことある人に聞いたりしました。

www.keyakizaka46.com

このページが現れるのはイベントの前日なので、初参加の人間としては、
前回のお知らせを見たりして、傾向と対策を立てるしかありませんでした。
過去のお知らせでも、ルールがありすぎて理解するのに時間がかかりました。

書いてある方が珍しいですが、もちろん障害者のことは一切書いてありません。
ファンから「障害者専用レーン」みたいなのがあるから優先されるんじゃないですかね。と言われるまでは気づきませんでした。

しかも、「全国握手会(全握)」と「個別握手会(個握)」に分かれるのは知りませんでした。
ざっと言えば、全握は誰でも握手できる。個握は抽選。
個握の方が、人数が限定される分、推しメンと長くお話ができるそうです。
一応、抽選にも長濱ねるちゃんで応募してみましたが、普通にハズレました。(笑)

全国握手会の参加方法


まず、限定版のCDを購入します。



そうすると、1枚、参加チケットが入っています。
これでいろいろと出来ます。
ミニライブ(ミニラ)だったり、握手会だったり、ポスター交換だったり、
それぞれで1枚消費されるので、注意しなければいけません。
すごい商売だなと思いますが、たくさんCD買う人の気持ちは分からなくはないです。
握手会については、複数枚持っていることで多くの時間、交流できるそうです。
一応、ミニラも興味があったので時間的に厳しいかなと思いつつ、2枚入手しておきました。
握手会は、ヘルパーさんは握手しないとして、
ミニラってどうなるのかな。券2枚必要?と思い、一応問い合わせフォームがあったのでメールしましたが、返事の確認は出来ませんでした。

衝撃の発表


www.keyakizaka46.com

1週間くらい前に、長濱ねるちゃんの卒業発表がありました。
ここ1ヶ月、休みがちだったのでファンの間で噂はあったようですが。
グループ卒業のニュースなんてありふれていて、今まで気にもしていなかったのですが、
これはショックでした。
卒業後が未定というのも不穏な空気で、芸能界引退となると残念でなりません。
この発表後、絶対に体調を崩せない一週間が始まってしまった。と思いました。
今年に入って既に感染症に2回もかかっていたのでいろいろと怖かったです。
何とか何事もなく当日を迎えることができました。

当日ミニライブ


前日の予定発表で、時間的にミニラは途中入場になることを確認。まぁ想定内ですが、
券の必要枚数が分からなかったので、行き当たりばったり感がある当日だなと思いました。
予想通り、真ん中くらいの時間からの参加でした。
途中入場が可能かどうかもよく分かりませんでしたが、係員に聞いて聞いて、
伝え伝えに行ったら、スムーズに入場できました。

券は1枚消費で、介助者分の引き換えチケットももらえました。
これは通常ルールがそうなっているのか、途中入場だったからめんどくさくて出したのか、
よく分かりません。
介助者のパイプ椅子も出てきました。

・カップリング曲「ヒールの高さ」
・欅坂46二期生の紹介
・黒い羊

以上を聴けましたが、オタたちに圧倒されました。
今まで様々なライブに参加してきましたが、雰囲気は特殊でした。
アンコールもあるのかなと思っていましたが、ありませんでした。

握手会前


一旦、全員退出させて一時間後に握手会開始でした。
同じ場所を握手会仕様に設営するのですから、運営さん、ご苦労様です。
車いすの人は、入り口で待ってもらってもどちらでもいいですよと言われました。
トイレに行きたかったので、少し外れの人がいないトイレを見つけることができました。
なんやかんや散歩したり、ポスター交換の行列を眺めていたら、
あっという間に開場時間に。

入場


列がめっちゃ出来ていました。
拡声器の人が「いつものように……」と説明していましたが、いつもを知らんがなと笑えました。
その横から先に入るのだから申し訳ないと思いつつ、入場。
しーんとしたポートメッセなごやの展示館の中が見れるのもなかなか貴重です。

荷物チェック


警備員がたくさん待機していました。
地元で雇われたと思われるバイトっぽいおじいさんに、カバンの中身をチェックされました。
ペットボトルのお茶は一口飲んでくれと言われ、ヘルパーが僕に渡そうとしたら、
おじいさん警備員「いや、あなたで。」
ヘルパー「え?これ、僕の飲み物じゃないから……」という奇妙なやりとりがあって、
結局、僕が飲みました。
友人から吸引器についても何か言われると聞いていましたが、特にありませんでした。
そして、それで終わりではありません。
別の人からのポータブル金属探知機のチェックがあります。
どういう状態が反応しているのかよく分からないのですが、
ヘルパーさんも僕も微妙に鳴っていました。
「うーん。ファスナーでも鳴ることがあるからなぁ。」と言われ、特に裸にされることもなく許可が出ました。

レーン


そして、レーンが25レーンもあります。
誰と握手しますか?とお兄さんに聞かれ、間違われないようにスマホで指差したら、
「長濱ねるさんですね」とはっきりした声で言われました。
障害者レーンは2つあるような感じでした。
そこに推しメンが担当レーンから来てくれるようでした。
待っている診察室に医師が駆けつけてくれるような感じです。

待ち時間


車いす以外の人は出されたパイプ椅子で待ちますが、全員が車いすという感じではないようでした。
障害者手帳の有無で決めているのかもしれませんが、僕に対して障害者手帳の提示は求められませんでした。拡声器に酸素マスクのフル装備で行ったから?
待っていると係員のお姉さんがやってきて、「さっき聞かれたかもしれませんが誰と握手しますか。」と聞かれました。
「あ、ねるちゃんですね」とレストランで注文を取るように紙にメモしていました。
一般の人の入場が始まり、すぐに長濱ねるちゃんのレーンに行列ができていました。

握手本番


突然、係員のお姉さんから「長濱ねるさんと握手する人は並んでください」と号令がかかりました。
レーンにいた人の半分くらいは、並び始めました。
他の並ばない人が誰とするのか気にはなりましたが。
付き添いの方は、中に入るかどうか選べるような感じでしたが、
ヘルパーさんはどちらでもいいような感じだったので、ついたての外で待機でした。
近づくにつれ、ついたての向こうで行われている気配が感じられます。
どんどん進みます。結構、早いペースです。
直前に荷物を置くカゴがあって、手を上げろ(命令口調ではないけど)と言われます。
直前の人が握手してる時点で、長濱ねるちゃんの姿を拝むことができました。
それで自分の番になり、間にある長机が邪魔で手が届かないなと思っていたら、
慣れたもので、言わずとも誰かがどかしてくれて、ねるちゃんがさっと近づいて握手してくれました。
可愛すぎて、女神すぎて、意識が喪失しそうになりましたが、
ねるちゃんが営業スマイルを感じさせない営業スマイルで、何か言ってくれました。
僕の不明瞭な声で一か八か、
「最後に会えて良かったです」って言ったら、
ねる「本当にねー。ありがとうね」と返してくれました。

本当にってのがウケたけど。
ねるちゃんの手は、少しカサカサしていて働くお母さんのような手をしていました。
あらためて重労働だよな…と思いました。

終わって


終わったあとのフワフワ感は、何か薬物をやったような感じなんでしょうか。
既にもう、ねるに会いたいという中毒症状が出ています。
最初で最後、ものすごい幸運でした。

並んている一般の方は、3時間、5時間待つの当たり前と聞くので、
30分くらいで握手できた僕は申し訳ないなと思います。
障害者ずるい。障害者バッシングになったら困りますが、
普段、日常生活で苦労してるので許してくれと思います。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人によって感じ方は違うと思いますが。
あと、実際に障害があるかどうか微妙な写真もあります。

IMG_0710


wheelchair bellydancer


tumblr_lnvx1u0vqw1qdpym4


db62988fa239991ce32e645e8f394363


aimee-crop


AIMEE_MULLINS_VISUALB


9691530f45ee60350b544e7ab0032299


0806-Aimee-Mullins-630x817


976991_513222675410530_1573500913_o


484788_512373482162116_1913013045_n


429780_511535672245897_1310268731_n


beach
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

シンクロ率100%!あなたの体と一体化する人間工学ツールたち
http://www.earthinus.com/2011/05/good-tools.html

マウスでもキーボードでも何でも変な形の製品を見かけることがある。
それは、人間工学に基づいて作られた製品だから、手や身体にフィットする。
疲れないし、使いやすい。

そう、うたわれている。

しかし、今までそういう製品を使ってみた感想としては、
どれも使いにくい。

それは、たぶん、僕が身体障がい者なんだからだと思う。

たとえば、マウスを持つときも水平に持ってないし、ひじが常に曲がってたり、
とにかく健常者とは違う。

健常者の身体に合わせて作った製品だから、身体障がい者には合わない。
むしろ、そんな人間工学のこと、なんにも考えてない製品の方が使いやすいことだってある。

ただ単純にそれだけのことなのかもしれないけど、何となく物悲しさは感じる。
合う製品というのもどこかにあるのかもしれないけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


http://parallel-movie.com/

こう言っちゃなんだけど、久しぶりにひどい映画を観た。
アングルとかBGMとか、素人が作ってるんじゃないかと思ったほど……。

じゃ、なんで観たかっていうと、言わずもがな。

病院をよく知ってるからなのか、
病院のリアリティの無さ・・・。

そして、お涙頂戴レベルにすら達していない。。。

アンビリバボーの再現映像の方がレベルが高かった。

予告編は、それなりにいいんだけど。
あそこまでとはなぁ。。。


残った気持ちとしては、「あぁ、結婚してぇ」みたいな。。。?
なんなんだろう、この去年からときおり芽生える、
パートナーほしい願望だったり、
結婚したい願望は・・・・。

間違えると、子どもほしい願望にまで発展しそうな・・・。orz

ある人が、「自分の障害を恨むほど、人を好きになってほしかったりもする」とおっしゃっていたけど、
そこまで好きになったことはないな。。。

というか、できるだけ、リアルの女性をすごく好きにならないように、
日ごろから気をつけてたりもします。
裏切られたくないとか、ストーカーチックになりたくないとか、
ものすごく迷惑をかけるだろうから。とか、
そういうところからきてたりすると思うんだけど。

好きになるのは仕方ないけど、ものすごく好きにならないように気をつけてる。

とか言ってると、出来んだろうな。と思ってもいますが。

はぁ。(笑)
パラレル 愛はすべてを乗り越える―。 [DVD]

SMILES
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私はこれまで、接してきた障害者の方はみな往々にして… 「社会に対して被害者意識が強く、障害者は何も悪くないのに、差別する健常者に問題がある。国が社会が悪い…」 と、わめき差別する側にのみ、環境や人に問題を押しつける…
私は自分もおもいっきり障害がある人間の側だからこそ、この甘え心を大目に見ることができないのです。http://ameblo.jp/rabu-snoopy/entry-10550985741.html


僕の周りには、こういう人はいないのですが、
ずっと思ってることの一つとして、
「ものすごく仲の良い身体に障害がある人」というのは、いないかなというのは、ずっと思っています。

そういう友達がいたら、いいなぁとは思ってるんですけど、
なんか、うまくいかない。

そういうこと書くと、今、お付き合いのある方を嫌ってるように聞こえますが、
そうじゃなくて、

障害者と健常者というふうに分けるのが基本的には嫌なんですが、

健常の方で、僕にも友達が何人かいるわけです。
むしろ、そっちの方が多いんですけど。

そういう方たちと同じ感覚で付き合えてる身体障害の友達は、今のところいないかな。というのが本音です。

たまたまなのかもしれないですし、ものすごく気が合う身体障害の友達できんかな。と思ってるんですけど。

そういった意味では、上記の引用記事の方のように、苦手といえば苦手なのかもしれません。

日本の障害者はいろいろで、障害者の間にも利害の対立とか立場の違いとかいろいろあって、障害者による障害者差別だってある。だけど
「障害者福祉をもうちょっとマシにしてくれないと生きてかれんがな」
の一点でだけは連帯しないと全員生きていけなくなるので、緩くつながっている。http://d.hatena.ne.jp/neko-yashiki/20100601#p5


ずっとそういうスタンスではないのですが、
自分がよりよく生活していくために付き合ってるとか、
情報を得るために参加しようとか、
たまにそういうあくどいこと思ってることもあります。

さすがにいつも思ってないですけど、たまにです。


自分の今までの人生を振り返ると、
健常の方が普通にいる、利用している場所の方が、うまくいくんですよね。
障害者による障害者のための、みたいな場所は、どうしてもストレスが溜まることが多く、
いろいろとぶつかってしまいます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

k584485935

身障者マークについては、あまり深く考えたことはなかったのですが、
現行は上記のものですね。

そして、川崎和男氏提案のマークが、これ。
無題

http://www.ouzak.co.jp/specialsite_archive/KKwcpict/KKpict.html
http://www.ouzak.co.jp/blog/?tag=%E8%BA%AB%E9%9A%9C%E8%80%85%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF

気になったのは、
遠くから見ると、汗水たらして頑張っているように見えます。
近くから見ると、そうでもない感じです。

あと、すべての車イスユーザが、このマークのように車輪を自分の手で回して使用しているわけではありません。

僕は、現行のままでもいいと思いますけどね。

ジョークマークとしては、使いたいですけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今まで、(今でもそうなんだけど)
恋愛とか結婚とかそういうことについて、書くほどのこともなかったし、経験も大して無かったので何も言いませんでしたが、

26にもなったので、備忘録程度に書いておこうと思います。

■障がいがあるということについて

事実として、身体障がいがあるということは、やはり壁にはなってると思います。
大して経験が無いので、障害があることにより何かを言われた。フラれたとかは無いのですが、
壁にはなっていると思います。

たとえば、好きな女性が出来たとして、
まあ気に入られようと優しくしたり、接触回数を意図的に上げていったり、アプローチをかけたりすると思うんです。たいていの男は。

そういうことが、障害があるゆえに、容易ではないということです。
とても個人的なことなので、他の人の手を借りるのも難しいですし。

■恋愛・結婚がすべてではない

勉強や仕事は、頑張れば、努力すれば、その分だけ、ある程度の結果は出ます。
しかし、恋愛や結婚はそうはいかないという認識です。
婚活とかいう言葉もあるくらいなので、頑張ることも大切なのかもしれませんが、
頑張ったからと言って、この世界は、結果がついてくるとは限りません。

縁やタイミングや運が重要なわけです。
恋愛や結婚がすべてではない。
しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

香山先生が言っていて気づかされました。

■それでしたいのか。したくないのか。

ずっと彼女がほしい。とは思ってました。
でも、それは何となくファッション的な学生的な、遊びのような感覚でそう思ってました。
結婚とか考えたことありませんでした。

しかし、ここ1、2年。
何かあったわけでもないのに、突如、天から降ってくるような感覚で、
「あ、結婚したい」と思いました。
何でこんな気持ちになったのか自分でもよく分かりません。

物語を書いていると、たまにあるのですが、アイデアがふとひらめくことがあるんです。
それに近い感覚でした。

それから、パートナーという感じで、そういう人がいたらいいな。と思うようになりました。

■他の人は、どうしているのか。

やっぱり、他の身体に障害を持つ人は、恋愛や結婚をどう捉えているのか気になるところです。
僕が知る限りでは、そういう浮いた話は聞いたことありません。
僕が知らないだけというのも大いにあるでしょうが。。。

本であったり、ウェブであったり、何かを通してなら、
聞いたことありますが、生の声というのは聞いたことがありません。

プライベート的なことなので、聞きづらいですし。

■相手の障がいの有無

昔は、相手は、健常者オンリーで、主導権握ってほしい。介助してほしい。そういう気持ちでいましたが、
パートナーと考えるようになってからは、障がいがあろうがなかろうが関係ないかな。って思うようにはなっています。
気持ちが合えば何とかなるだろうって。

■子どもについて

自分の子どもがほしい。と思ったことは今はありません。
子どもは別に嫌いではないです。
でも、人を育てるってことは、責任重大なので。

あと、パートナーが、いない中で、子どもほしいって思うのは、
なかなか難しいんじゃないでしょうか。

はるたの家は、別に天皇家でもないのですが、
子孫というのは何となくは考えます。

補足で、変なこと思う人がいるかもしれないので付け加えておくと、
性的に淡白とかいうことではないです。

■まとめ

遊びのような恋は、あんまりしたくないかもしれません。
何というか、駆け引きとかゲームとかそういうやつです。

万が一、魅力的な女性が何人も現れて、超モテ状態に入ったら、
しますが。そういうときは遊びます。

しかし、そういうことはないと思われるので。

何となく感覚として、30までに特別何もなかったら、
恋愛結婚は、あきらめなきゃいけないのかななんて漠然と思っています。

はるたくん、理想高いでしょ。とか割によく言われます。
そんなことないと思います。
ストライクゾーン広いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

障害者福祉の世界とは、あまり関係の無い人と話していたりすると、

たまに、人工呼吸器着けてても一人暮らしできるの?とか、重度の身体障害者が一人暮らしできるの?とかいう話になるときがある。



そんなとき、僕が必ず勧める本が、

こんな夜更けにバナナかよ

である。

とりあえず、これを読んでみろ。と言う。



福祉本自体をあまり読まないのですが、福祉本の中では名著だと思う。



ここに出てくる人の生き方が、僕の理想、みんなの理想かと言われれば、

そうではないけど。

読むに値はする。



torahouse blog : こんな夜更けにバナナかよ―筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち/渡辺 一史 - 本の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まあ学校教育を終えた自分が、ああでもないこうでもない言うのもどうかとは思いますが、

やっぱり、特別支援学校の存在意義みたいなのは気になるわけで。



一つ一つ、ちくちくコメントしていきます。

町教委は一方で、地裁決定を不服として1日付で即時抗告。堀光博・同町教育長は「裁判所の決定を真摯(しんし)に受け止め、正式入学を決めた。ただ、決定には当方の意図が取り上げられておらず、抗告した」と話している。車いす少女あす入学 奈良・下市町が本人らと合意(産経新聞) - Yahoo!ニュース


詳しい情報が分からないので、うかつなことも言えません。



なぜ町教委は抗告するのかよく分かりませんが、建物上の問題だけなら、

少女側は家族も含めて、織り込み済みだと思うんですよね。

そうでなかったら、ちょっと……です。

その建物上の問題をクリアするために、町と話し合っていけばいいと思うのですが。

このときは、親が介護するとか。

ここは、スロープを設置してほしいとか。

livedoor ニュース - 車いす少女入学拒否に、「元町民」からの声



そんな折、考えさせられるエントリーが。

普通学校へ進学させた親を怨みます。脳性まひの男性:Birth of Blues



何と言うか、こういうのって、もうほぼ100%親の意向ですね。

小学6年の僕も、普通中学に行くのか養護学校に行くのか、

子どもながら正直、どちらがいいのか分かりませんでした。



何度もどちらに行くのか聞かれたし、両校に見学に行ったし、6年のときの担任からは、優しく養護学校でいいの?的なことも聞かれたけど、



はっきり言って、どちらに行けばいいのか分からなかった。



悩んで悩んで、結局は親の意向を子どもながらに選んだように記憶している。



このエントリーを読んで、普通学校入学という枠組みにとらわれずに、

養護学校をすすめた、うちの親というのはえらいのかも?しれない。と少し思った。



297 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2009/07/04(土) 00:14:47 ID:SHsXUfXN0



この母親、スロープを、車椅子前向きで下ったってな。

車椅子の扱いを全然知らないのか…びっくりした。



319 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2009/07/04(土) 00:19:30ID:9Ruq+cm00



>>297



12年間この子の親だったんだよね・・・ 今までなにやっていたんだろ?


スロープを後ろ向きで下るなんて、はっきり言って、

介護職の人のマニュアルというか考え方だと思う。どの程度のスロープか分からないけど、子どもの身体状況を一番よく知っているのは親だから、それだけではさほど問題ではないと思う。



結局、どちらか一方の考えに取りつかれるというのは、

よくないことだと思う。

その時の状況や環境を相当吟味すべきだと思う。



意外と、僕のような普通学校も養護学校も行ってましたよ。っていう人は少ないなって思っている。

こういうどちらも知っていることに、ちょっとした「強み」があるんじゃないかと最近思っている。

訪問授業も受けたし。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

奈良県下市町立中学校への入学を希望していた身体に障害を持つ谷口明花さん(12)=同町=と両親が、町教育委員会を相手に、入学を認めるよう求めた訴訟で、奈良地裁(一谷好文裁判長)は26日、同校への入学を義務付ける仮決定を出した。

決定によると、校舎には手すり付きトイレが設置されているなど、設備などに不都合はないと指摘。「中学校教育の期間はわずか3年間しかないのに、提訴してから既に3カ月近くが経過しており、緊急の必要性がある」と、同日からの女子生徒の入学を認めた。livedoor ニュース - ◎女子生徒の中学入学命じる=「障害で拒否」の町に仮決定−奈良地裁


こういうのって、運とか地域性とか担当者みたいなのが大きく関係してくるのかな。

記事を読んだ限りでは、レベルが低すぎると言ってはなんだけど、

何で訴訟にまで発展してしまったのか理解不能。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

おおまかな例として、身体障害者と健常者が恋に落ちるというようなテレビドラマがある。しょっちゅうじゃないけど、まあいくつかある。



その善し悪しは置いておいて、

必ずと言っていいほど、セリフや雰囲気において、両名が結ばれる場合、

障害者側から、



「あなたは、わたしを特別視しなかった。最初から普通に接してくれた」というようなメッセージが発せられる。



あれは何なのか。さらりと流していた感があったが、今さらになって、

あれはどういうことなのか。自問自答している。



普通に接する。とは、どういうことなのか?

普通に接していない状態というのは、どういうことなのか?



考えれば考えるほど、分からなくなってしまう。

オレンジデイズ DVD-BOX



ビューティフルライフ〜ふたりでいた日々〜 DVD-BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

僕は、あんまり年代や属性から見て、こういう人はこうだ。と定義するのが好きじゃないんだけど、



あるところで、こんな文面を見た。(意味が変わらない範囲で改変)

障害者福祉の支援者だと思うが、あくまで、自分の周りに限った上での話として、

1980年以降に生まれた身体障害者で、基礎学力と社会性、自分で考えて行動する力の不足が見られる。他の団体と交流した際にも同じようなことを聞くので、全国的な傾向から見てもそれほど大きくは外れていないのではないだろうか。


何で僕が、これに食いつくかというと、1984年生まれだからです。



「基礎学力と社会性、自分で考えて行動する力の不足」



周りに、そんなに多く1980年代の障害者の友人・知人がいないので、

比較できないのですが、僕は、そうでもないんじゃないかな。と思っています。

むしろ、頭のいい人は多いと思う。大学なんかも昔に比べたら「行ける」時代になってきたわけだし。

少なくとも、基礎学力が不足している人に出会ったことは今のところありません。



社会性は、やはり障害があってなかなか外に出て行けない。同じ年代の健常者より、身についていない。というのはあるかもしれません。僕自身もそう思います。それについて、たまに上から目線で言われたりすることもあります。でも、特別、早急に解決しようとは思っていません。そのうち、徐々に身についていくものだと思っています。



自分で考えて行動する力の不足は、正直よく分かりません。

しかし、又聞きで、20歳過ぎても、お母さんにべったりというか、いつもお母さんが付いてきて、その人が話したそうにしてても、お母さん主導で話が進んでいた。というケースを聞いたことはあります。

まあ障害があると、どうしても身内に頼らざるを得ない部分というのはあるかとは思いますが、

僕は遊びで外出する場合、親以外の介助者を第一に模索しています。

それで見つからない場合、外出を止めることもあります。

親と仲が異常に悪い。とかそういうことではありません。

僕だけかも知れませんが、親がいる場だとどうしても他人と話をするのが窮屈に感じるんですよね。普通の雑談でも。



気管切開をしてて、常にたんの吸引が必要な僕でも考えて考えてそうしてるのだから、

少しはそういうことを考えられてもいいのでは。とは思います。

自慢とかじゃないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ