(旧)春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:運

・自分自身のスタイルを変える
・判断を変える
・別のものにたくす


運が良いとき
・幸運は、まわりと分け合う


一つの世界でなく、別の世界も。

結局は、誰と出会うか人間の力

偶然のチカラ (集英社新書 412C)
植島 啓司
集英社
売り上げランキング: 18,875

「運」というものには、非常に興味があります。

誰しも良い時と悪い時があるものですが、

僕は、あのときはめちゃくちゃ楽しかった。とか、
あのときは、やばかった。死んでもおかしくなった。というのが割合はっきりしています。

「感じ方」なので、個人差があるかもしれませんが。

それで、まあ26年生きてきて、若造がこんなこと言うのもなんですが、

自分は、運は、いい方だと思います。

いいときが、どんどん良くなって、おかしくなっちゃうほど、
何でも思うまま、すべてが良くなるとかは無いと思いますが、

困難や窮地に陥ったときの回復力、
もう駄目だ〜。と思ったときからの、上がる力みたいなのは、
あるな。と、すごく感じます。
僕は、別に信仰している宗教とかはないんですけど、
これは、なにか「別の力」が働いているような気がしてなりません。

自分の力ではなくて。
それは、ご先祖様だったり、そういうことだと思ったりもしています。
祖母がそういうことをよく言うので、影響されてるだけかもしれませんが。

ここでは、あまり日記的な日常的なことを書かないので、
そういうことって書いた方が良いのかどうか分からないけど、

最近は、まあ楽しい方だと思う。

ここ数年は、苦しいことの方が多かったし、
誰からも相手にされてないような孤独感を感じることもあったし、
相手にされても厳しいことを言われることが多かった。(厳しさが優しさという言葉もありますが)

でも、最近は、新しい人によく会えるし、
こんな僕でも、割にみんなやさしく相手してくれる。

どんなに、普通に人と穏やかに楽しく話せたり、食事できたり、
そういうことが、ささやかだけど、ものすごく幸せなんだということをしみじみ思っている。

まだ軌道に乗ったとは言えないけど、
新芽みたいなものが出てきて、それはとっても柔らかくて、
大切に育てていきたい、新芽。

↑このページのトップヘ