春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:障害者

11月のぽちポチ定例会は、市の防災担当・障がい担当の方をお招きして、防災講座をやる事になりました。

詳しくは、下記をご参照ください。
http://www.ipc-tokai.or.jp/~suzuoki/poti20111113.pdf
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今時の養護学校って、どういう雰囲気で、社会へ出てゆくためにどんなことを教えているのでしょう? 友達同士どんなおしゃべりをして、先生と生徒はどんなつきあい方をしているのでしょうか?

人間として当たり前の成長の過程を、大人になるための通過儀礼を経ないまま社会に出てゆく。そしてそれが体に障害をもつゆえに歪められているのだとしたら、それはそれで養護学校、もしくは障害児教育の問題点ではないでしょううか...?http://atarimae.jp/blog/001/2011/06/post-119.html

今どきの養護学校の現状は知りませんが、
僕は常々、極論を言えば、だから肢体不自由児の養護学校は止めろ。と言っている。
そもそも養護学校の先生って、変な人、多いんですよ。
あ、このブログを読んでおられる先生方は、きっとまともで優秀だと思います。(←よいしょ)
それプラス同級生の障害児が数人しかいないわけだから、社会性も育たないだろうし。

でもまぁ別に、学校で「大人になるための通過儀礼」を踏まなくてもいいんじゃないでしょうか。
若ければ若いほどいいのかもしれないけど、生きてりゃ、多かれ少なかれ早かれ遅かれ、いずれどこかで、
いろんな場面で遭遇すると思います。おいらみたいに。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

去年秋の母親の入院を自分でヘルパーコーディネートして乗り切った自信のためか、
その後、何となく「もしかして、一人暮らしとかできるんじゃね?」と思っていました。

またいろんな情報も入手できたせいか、一人暮らしについての思いや考え方がまとまってきました。
よく「自立生活」っていう言葉が言われるけど、福祉用語な気がするので、あんまり使いたくないんですよね。

人によっても、意味合いが違ってくるし。
自立生活=一人暮らしという考え方だけでなくて、
経済的自立や日常生活の細かな自己選択も自立って考えるってこともできるし。

それで結論としては、一人暮らしをするためには明確な強い動機が必要だってこと。
それが今の僕には無い。

1)家族が煩わしくて一人暮らしを始めた。
→話を聞けば「あるあるネタ」みたいな感じで、ものすごくよく分かりますが、
自分に置き換えて、それが強い動機になるかっていうとならない。
一人暮らししても、たぶん、合わないヘルパーとか出てきて、ストレス度は同じだと思う。


2)自分の部屋に好きなポスターとか貼れない。
→貼ってます。思いっきり。綾瀬はるかを・・・・。若いころはグラビアアイドルのもあったけど、特に何も言われません。


3)好きな女性とか呼べない。
→呼んでます。。。普通に。たぶん過去、全員来てる・・・。別に恋愛感情なくても普通に女友達と会って話してたりするし、初めての人とかだと駅からの送迎とかさせてる・・・。送迎して。って言うと、えええとかは言われるけど。よく考えればひどい子かもしれん。
でも、たくさん会ってる中で例の件を一発で当てられたときは悲しかった。とても。全然話してないのに。


4)医療的ケアの問題
→ヘルパーが風邪を引いて派遣されるってことはなかなかないので、近くの風邪を引いてる人からの感染ということで悩まされることはないのかもしれません。
ただ、病気になった場合や指示がきちんと出せなくなった場合は、どうするのか。
また、痰詰まりのときなど、家族でも何とか苦労して排痰するときもあります。それが、ヘルパーにできるのかって考えると微妙。
さらに毎日のケアとして、吸入薬の管理、ガーゼ交換など、ヘルパー業務では黒に近いグレーの行為が多くあります。
訪問看護は毎日来てくれないでしょうし。
時が経てば、いずれ制度面で変わっていくのでしょうが、「あやしい」というのが現状です。


5)親の反対
以上の面から、母親は、現状では反対なようです。
僕も現状では特に強い動機もないので、放置です。


6)一人暮らしであって、一人暮らしではない
→僕は、24時間、誰かに傍にいてもらわないといけません。
一人暮らしとなると、仕事として介助者がつくことになります。
そうなると、常に誰かが近くにいる。そういう状態になるんじゃないかと。
家族だと、ある程度、ほっとかれます。実は、一人暮らしの方が束縛感が強まるんじゃないだろうかと思うときもあります。


7)総論
とまあ、そんなことを言っているうちは、今のままでしょう。
というか、いろんな話を聞いている中で、僕は恵まれているというのは思いました。
昔、はるたくんは温室育ちとか言う人もいましたが、本当にその通りなのかもしれません。

そもそも、一人暮らし原理主義みたいに考える人もいたりして、そういうのは見方が狭くなってるので、あまり好きではありません。
とはいうものの、施設は絶対いやですし、

・親が病気や高齢になったり、
・この人と一緒に住みたい!みたいな人が現れたりしたら、

状況は変わっていくのでしょう。
また、僕の家自身をケアホームとかにしても、それはそれでありだなって思います。
それは、親も言ってた。

一つの物事にとらわれず、大きく考えていくことは大切かと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨年度2月に東京・日本財団ビルで開催された「障害のある方との共生社会を実現するための市民フォーラム(共生フォーラム」」が今度は名古屋で開催されます。
http://blog.canpan.info/shien-net/archive/47

一瞬、これ行きたくなったけど、午後からのつまらなさそうな内容で萎えた。
政治家と官僚の話って、まぁ中心を担う人だから大事なんだけど、基本つまんないんだよね。
今年の医療的ケアシンポジウムで、つくづく思った。

僕は体調の都合で、午後からしか出かけられないから、あぁ、午前の戸枝さんの話、聞きたかったよぉぉと思った。
午前の方が興味深い話が聴けそう。
てか、戸枝さんに会いたいんです。
知ってる人は知ってると思うけど、僕は、たまに戸枝さんのブログにコメント書き込みしてます。
だからたぶん、戸枝さんは心の片隅では僕のこと知っていると思う・・・。たぶん。

いつか会えそうな気がするけど、なかなか会えない。
支援者の人は割とファンが多く、普通に会ったことある人はいるみたいだけど。

僕にとっては、芸能人とか雲の上の人くらいのレベルの人です。

それに、ブログやネットくらいしかこういうフォーラム情報は入手できない。
なにか別の情報入手方法があれば誰か教えてほしいです。
結局こういうのって、第一次情報は、支援者のところに届くんだよね。

あと、障がい当事者は大抵、介助者が必要だから、介助者ってなると、ヘルパー。

ヘルパーは、定期利用でない場合、基本的に前月の15日までに利用希望を出さないといけないから、
15日過ぎてから情報を出してもらっても困るんです。


大事なところだから太字、アンダーライン付きで書きましたよ。
どうしても!!!!というときは、ぺこぺこ頭下げてお伺い立てますけど。

今回は、違うかなぁ。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

比較データが、
イオンモール東浦とイオン大高ショッピングセンターだけということは、最初に断っておく。

ずっと思っているのは、イオンというのは、建物設計として横長である。

きちんとお店の場所、行く場所を把握しておかないと大変である。
真逆の方から入った日には、思いっきり歩かなくてはいけない。

また、エレベーターも端と端にあったりして、ずいぶんと歩かないとエレベーターまでたどり着けないケースもある。

バリアフリーと言えば、バリアフリーなんですが、
これはどうなの。と思う。

無題

無題2

その点、アピタはそういうことはない。
お店の種類、規模が違うかもしれないが。

イオン、映画館もあったりして好きなんですけどね。
それがネックかなと思います。

あと、イオンの客層が、やたらと若い人が多いというのは気のせいでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

★下記に掲載されている内容については

(無断転載自由・無断引用自由・無断転送自由・無断拡散自由・無断ツイート自由・
無断リツイート自由)

です。

http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/shinsai


■(東北地方太平洋沖地震関連)
■福祉・医療分野などで参考になるのではないかと思われるサイトのご案内


★新着(順不同)
(ここには、昨日送信した際には含まれていなかったもののみ掲載してあります)
(「★新着」の後ろには新着分も含めたすべてが項目別に掲載されています)

・(つなぐプロジェクト)
「つなぐプロジェクト」よびかけ文
http://tsunagu-pj.blogspot.com/

・(毎日新聞)
支える・栃木から:東日本大震災 発達障害児と一緒に避難所生活を送る家庭…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000067-mailo-l09

・(東京新聞)
【福島原発事故】20〜30キロの入所高齢者移送 施設の障害者も、厚労省
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2011031902100042.html

・(医療介護CBニュース)
被災で入院の重度障害者、生活支援利用可に−厚労省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000010-cbn-soci

・(朝日新聞)
「災害弱者」の病人や高齢者 衣食住と心のケア不可欠
http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201103170198.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:障害者にストレス 岩手・宮古の施設、トラブルや自傷行為も
http://mainichi.jp/select/science/news/20110318dde041040030000c.html

・(朝日新聞)
ガソリン不足、弱者支援を直撃 訪問介護、回数減る
http://mytown.asahi.com/areanews/gunma/TKY201103160479.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:県警、全盲78歳女性救助 4日間何も食べず−−南相馬 /福島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000105-mailo-l07

・(毎日新聞)
《東日本大震災》福島原発事故や計画停電情報などを日本手話でネット放送−−16日から…
http://mainichi.jp/universalon/report/news/20110317mog00m040011000c.html

・(朝日新聞)
福島・南相馬市で全盲の78歳女性を救助
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103160237.html

・(朝日新聞)
計画停電、長期化に不安 難病患者、人工呼吸器が命綱
http://mytown.asahi.com/areanews/chiba/TKY201103150435.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:被災者受け入れ進む 県、内陸市町村に要請 /岩手
◇「音や点字で情報を」 陸前高田・視覚障害の熊谷さん、仲間の安否を気遣い
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110316ddlk03040013000c.html

・(毎日新聞)
東日本大震災:視覚障害者、地震当日の体験語る /神奈川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000012-mailo-l14

・(産経新聞)
都内の救急搬送106件 ALS患者が停電で重症 東日本大震災
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110312-00000683-san-soci

・(河北新報)
在宅の障害者生活困難に 仙台
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/03/20110320t15001.htm

・(岐阜新聞)
灯油で温まって 県知的障害者支援協が福島の施設へ送る
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20110320/201103200857_13334.shtml

・(朝日新聞)
被災した高校・特別支援学校生、都立校で受け入れ
http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201103170327.html

・(カナロコ)
要援護者の受け入れ、県内400施設が計1150人可能と厚労省に回答/神奈川
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103190020/


■(東北地方太平洋沖地震関連)
■福祉・医療分野などで参考になるのではないかと思われるサイトのご案内

★ 目次

・現地から
・報道
・行政
・障害者・福祉・医療等関係団体・機関
・障害者・福祉・医療等関係学会
・災害等対策資料・手引き・マニュアルなど
・医療・看護・健康・医療的ケア・子育て
・心のケア
・ボランティア
・生活
・お役立ち情報・資料・ツールなど
・その他

(一部は重複した項目に掲載されています)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まず行員のプライドが高いのか、お客様を見下ろしていると感じるお話は良くお聞きします。

三菱東京UFJ銀行が上位に入れない理由
http://news.livedoor.com/article/detail/5331047/


もともとあまりいい印象を持っていなかったこともあるし、必要性がなかったので、
ここの口座は持っていませんでした。

しかし、就職して、会社から給与の振込先は、UFJ(長いので略します)しかできないと言われたので、
作ることにしました。

近所の支店は閉鎖されていたので、少し遠くの支店に行かなければなりません。
わざわざ行きたくなかったので、
事情を話して、
家族の代理は可能か。聞いたら、

NO

というか、そもそも「障害者」っていうだけで、はぁ?え?みたいな対応でした。

障害者でも銀行口座くらい作りますよ。ええ。

3回くらい、上の者と相談します的なことを言われました。
口座開設で、そんなに上と相談しないといかんのかい。。。

こちらも、ねばってみます。

そうしたら、書類をとりあえず送るから、書いてみて下の用紙に複写できるか確認してほしいとのこと。
代筆は不可。

数日後、来ました。

書いてみたら、3枚目くらいの用紙は写りませんでした。

こりゃ行かないかんのかな。と思いつつも、訪問してくれ要望を出したら、
訪問してくれることになりました。

担当者は、副支店長だったか支店長代理だったか忘れましたが、
それくらいのポストのおじさん。

てか、それくらいのポストでも上と何回も相談しないと決められないのか。

なんでこうなったのかは、犯罪防止ということを強調していました。
言い訳ぽかったですけど。

普段は、口座開設なんか担当していないと思うので、
何度か不明点を携帯で聞いてました。(笑)

ネットで確認できるUFJダイレクトも申し込みました。(てか、ダイレクト使えなさすぎwww)


まぁ、そんな感じで口座開設に至りました。


僕は、普段は農協(JA)を使うことが多いんですけど、聞いたら、
うちは、代理でもOKですよ〜。と爽やかに言ってくれました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

http://www.nhk.or.jp/kira/program/past/details/462_no.html


外国のラジオのDJが、自分の障害は、どれくらい好きかみたいなことを聞いていた。
それに対して、大橋グレース愛喜恵さんが、すごく。100%好きみたいなことを言っていた。

ずいぶん前に見た番組なので、正確に記述できていなくて申し訳ないが、概ねそのようなことだったと思う。

僕は、はっきり言って愚問だと思うし、なんか違うなという気がする。

一歩譲って、この質問で何が言いたいのか推測すれば、
おそらく、
「あなたは、自分のことが好きですか?」という意味だと思う。

それは、別に愚問ではない。
僕も言う。

「はい、自分のことは好きです」と。

じゃ、自分の障害は好きか。どれくらい好きか。って言われると、
途端に困る。

障害って、別に好きとか嫌いとか、そういうレベル、そういう好き嫌いの話ではないと思うから。

ただそこにある。僕の一部、くっついている。
そういうものだと思う。

それに関しては、まだ3年前に思っていたことと一緒で、
進歩がないと言われればそれまでだけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

僕は、たまにブログなどで、凹んだこと・爆発したことを書いたりすると思います。

定期的に読んでいる読者の方の中には、

どうしてこんなことで怒るんだろう?
なんでこんなちっぽけなことで悲しむんだろう?など思われる方もおられると思います。

また、一部では、はるたさんは経験値が浅いから、社会にあまり出ていないから、ぬくぬくとした環境で育っているから、ちょっとしたことで傷ついたり悲しむ。

そういう見方をする方もおられます。

ある意味で、それは正解だと思います。自分でも半分は、まあそう思います。

自分の中でこの話は、それで完結、終了させていましたが、
最近、別の見方に気がつきました。


それは、もともとのベースとして「欲求不満」があるのではないかと。
心の底の川に、小川程度ですが、欲求不満の川が常に流れている。
ちろちろと。

それは小川なので、今まで気がつきませんでした。

でも、ちょっとした些細な自分にとって悪いことが、とんとんとんと積み重なると、
一気に川があふれて、表面化してくる。

川の水が溢れるわけです。

そして、うわぁ。ってなっちゃう。

その「欲求不満の川」というのは何かと言うと、


案外、皆さんが毎日普通にしておられることだと思います。

なぜか分からないけど、ここ1、2年で、
外出したい欲求が急激に高まっています。

だから今の僕の状態は、サポートとお誘いがあれば、たいていどこへでも行くと思います。(悪質な宗教勧誘とかは勘弁ですけど)
外出回数的には、ここ10年で大して変化はないと思いますが、
なぜか欲求が高まっています。

人とお話したい欲求も高まっています。だからと言って、誰でもいいというわけではないのですが。
思えば今年は、非常に新しい人の出会いが多い年でもありました。
相当、初めての人に会ったと思います。
それなのに、まだ疲れてないというか、まだ余裕あるよ状態です。
いや、誰でもいいというわけではありません。
僕でも、どこもかしこも合わないなぁと思う人はいるので、
そういう人はしんどいですけど。

そういう欲求の需要に対して、供給が追いついていないと思うんです。

供給というのは何かと言うと、
やっぱり、「サポート」ということになります。
手助けなしには、外出できませんので。

それでいろいろと爆発してしまう。そういう面もあると思います。

このブログを定期的に読んでる方は、毎回ではなくてもいいですが、
読み逃げではなく、一言でもコメントやメールくれるとうれしく思います。

今回、自分のことを書いてみようと思ったのは、以下のブログの影響が強いです。
東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
http://higashida999.blog77.fc2.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

障害の受容とは,自己の身体障害を日常生活との関係で客観的かつ現実的に認め,心のなかにわだかまりのなくなることである。これは身体的,心理的,社会的な三つの側面から考えられる。


┌─────────────────────────────┐
│                             │
│ ┌─┐   ┌─┐   ┌─┐   ┌─┐   ┌─┐ │
│ │ │   │ │   │ │   │ │   │ │ │
│ │シ│ → │回│ → │混│ → │適│ → │適│ │
│ │ョ│   │復│   │乱│   │応│   │ │ │
│ │ッ│   │へ│ ← │と│ ← │へ│   │ │ │
│ │ク│   │の│   │苦│   │の│   │応│ │
│ │ │   │期│   │悩│ ← │努│ ← │ │ │
│ │ │   │待│   │ │   │力│   │ │ │
│ │ │   │ │   │ │   │ │   │ │ │
│ └─┘   └─┘   └─┘   └─┘   └─┘ │
│                             │
│  ├─────┤                    │
│    急性期   機能回復訓練期            │
│        ├───────────┤        │
│               慢性期           │
│        ├─────────────────┤  │
│                             │
└─────────────────────────────┘
図 障害過程の受容
http://www.ipc.hokusei.ac.jp/~z00105/_kamoku/fukusin/sinsyo_juyo.htm


障害の受容については、いろんな学者先生が述べていると思うし、それぞれ思うことはあると思います。
僕は、特別な専門教育を受けたわけでもないんですが、
まぁ、障害がある者として、ざっくり書いてみたいと思います。

誤解をしている場合もあるかと思うので、訂正があればお願いします。

上記の図は、おそらく一般的に用いられる図だと思います。
矢印が、一方向にだけでなく、進んだり戻ったりして「適応」に向かうものと考えられます。

しかし最近、経験上思うのは、
もう「適応」していたと思っていたのに、いきなり、なにかのきっかけによって「混乱と苦悩」だったり「ショック」に移行する場合もあるような気がするのです。
一つずつ戻るのではなく、いきなり「ショック」とか。

今まで経験したことのない事例や問題に直面するとそうなります。

それでまた、ゆっくり適応に進んでいきます。

その場合、急性期とか慢性期は、あまり関係なくなる。

また、これは障害を持った人だけの問題かと言うと、そうでもないような気がするのです。
一般の人にも当てはまるかもしれませんし、
その社会や地域、支援者、家族など、周りの環境によっても、図での動きは変わってくるように思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

障害者のお笑いパフォーマーのナンバーワンを決める「SHOW−1グランプリ」や、障害者が体当たりでバラエティーに挑戦した「バリアフリー大運動会」、「めちゃ×2イケてるッ!」などでおなじみの放送作家・鈴木おさむさんと玉木幸則さんがコラボレーションした「障害者のドッキリ」など、驚きの企画が続々登場。http://www.nhk.or.jp/kira/post/info_101204.html


ネット上では話題になってたみたいです。

とりあえず、感想。

SHOW−1グランプリ。
これはもう、あきらかに、「脳性まひブラザーズ」が優勝かと。
ネタの作り方が上手い。プロに一番近い。
他も悪くはないんだけど、ああこれが優勝だなと思った。

バリアフリー大運動会。
正直、あんま面白くなかったかなと。すみません。
参加者だけが楽しんでるというか。
視聴者置き去り感があったような気がしました。
よって、早送りしたところが多かった。

障害者のドッキリ
ドッキリが結構好きということもあるんですが、
面白かった。
玉木さんがドッキリに引っかかるっては観てみたい。玉木さん、自分で言っちゃいかんだろ。と思ったけど。
「今後、僕にかけてもらってもいいと思う」って。


総論
僕が強く気になったのは、
障害者を笑い物にするとか、自虐ネタはいいのか悪いのかとか、そういうことではなかったりする。

バリバラは、ありだと思う。
こういう番組を待っていたというのは、ある。
24時間テレビとか嫌だし。

でもね、なんだかな。というのはあった。
テレビだから極端なことしなくちゃいけないのかもしれないけど。

一つ、途中のアンケートについて、

障害者のイメージ。

「面白い」という選択肢を入れるのは、どうかと思った。

従来は、
障害者=かわいそう、がんばってる。

しかしこれからは、

障害者=面白い。みたいな流れになってたけど、

なんだ、それ。と思った。
だって、だって、障害者って・・・。え?人間だよ?

人間に、障害があるかないか。

面白い人もいれば、面白くない人もいるじゃん。
そんなハードル上げられても、困るなと思った。

だって、おいら、たぶん、面白くない人。(笑)

二つ、障害種別

もうあきらかに、

身体障害者=脳性まひ

になってる気がした。確かに、脳性まひの人は多い。
番組でも、脳性まひの人、めっちゃ多かった。
でも違う人もいる。

しかもその人たちが、

実は、面白い人たちとなってるのに違和感を感じた。


まぁ、始めたばかりなので、始めたことに意義があるというか、
そこは、あっぱれを送らないといけないんだろうけど。

このままやっていくと、変な方向に行く可能性も無きにしもあらず。


2010-12-05 - てれびのスキマ
http://d.hatena.ne.jp/LittleBoy/20101205#p1

「障害」が笑われているのか? - lessorの日記
http://d.hatena.ne.jp/lessor/20101206/1291645485
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前々から気がついていたし、知っていたことだが、

たとえば、今、健常者として普通に暮らしていたとしても、
いつか(それは明日からかもしれない)障害者、
障害を持つことになる可能性が誰にでもある。ということに、あらためて気づかされた。

それは、年を老いたことによってかもしれないし、
事故に遭ったからかもしれないし、
過度なストレスによるものかもしれないし、

先天性のものを除けば、可能性は十二分にある。

みんなが、そういう自覚を持って生きていれば、もっと福祉は良くなると
昨日会った人の話と今日機関紙を読んで思った。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

数ヶ月前になりますが、あるmixiのコミュニティの管理人を引き受けました。
これまでも、細々と管理人(放置がほとんどですが)をやっていたので、軽い気持ちと、
あと、少し思い入れもありました。
以下のものです。

色んな立場の人との触れ合い♪
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4529722
健常(健康)な女性の人が、ここを きっかけに、重い障がい者(肢体不自由で自力外出が出来ない)の人と実際に会って楽しく交流し 仲間・友達などになったり、また介護、ボランティア、お手伝い などを することを目的とする( 健常な女性の参加を多く大募集中!!…お仲間さんと共に参加してくださいね )。


健常な女性→重い障がい者(男性でも女性でもいいのか?)と限定されていることに、多少の疑問もありますが、
まぁ、ここには書いてないけど、ルールも細かく書かれてあったので、他の出会い系コミュとは違って面白そうだな。と思って参加してました。

前に、このブログにも書いた出会い系NPOに通じる何かがあるかもしれないと思ったのです。

でも、自己紹介文は書いてたけど、なんか乗り気になれなかったというか、
あまり積極的な活用はしてませんでした。
僕自身、ある程度、前よりリアルの方が楽しくなってきたというか、リア充ではないですけど、
リアルでの用件が多くなってたので放置してました。

で、久しぶりにふと見たら、
管理人さんが、管理人交代募集をしていました。
なぜ止められるのかは分かりません。

このコミュニティのルールとして、管理人は女性の健常の方に限るようなことが始めあったので、
駄目もとで申し出たら、一発で受理されました。
特別、荒れてる様子もありませんでしたし、なんで嫌になったのかはよく分かりません。

しかしここで、不可思議なことを聞かされました。

このコミュニティは、もともと私が作ったものではありません。
違う方が作って、私は管理人を頼まれました。そして、その方はこのコミュニティから抜けています。
私も、あなたに管理人を譲渡したら抜けます。

と。
もう少し、お話を伺いたかったのですが、メッセージの受信範囲を限定されて、私はメッセージを送ることが出来ませんでした。

ということは、おそらく私は、3代目の管理人ということになります。

譲渡されてから、時間が割けなかったこともあり、特に何もしていません。
ちなみに、どういうふうにしても、ルール変更してもOKだそうです。
一応、主に関東となっていたものを外しましたが。

というか、今の僕自身が、あまり自分から出会いを求めていないというか、
相手からコンタクトがくる分には大歓迎ですが、
出会いに関して、ある程度、満足しちゃってるというのがあるかもしれません。

今まで出会った人と、もっと仲良くなりたいというか。

でも、このコミュニティのコンセプトは、ちょっと従来のものとは違ってて、
好きなんですよね。

なにか、いい活用方法ないかなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

障害者とiPad
http://ameblo.jp/fault-management/entry-10600666985.html

ごちゃごちゃ言ってないで使ってみろ。と言われそうですが、

まだiPadは、いいかな。って思ってる。

そもそも700グラムと重たいし、普通の本くらいの重さになってくれないと使えないなと思っている。

タッチパネルに関しても、手元のボタンで操作できないので、
画面が広いと、手を大きく動かさないといけない。

とりあえずの今の狙い目は、iPhoneです。

車いすにアームでiPadを固定すれば、近未来的でかっこいい。とか言われたけど、
実用性がな・・・。
Apple iPad (Wi-Fi+3G) 16GB SIMフリー

Apple iPad (Wi-Fi+3G) 16GB SIMフリー

価格:109,800円(税込、送料込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近、親しくさせてもらってる人から、
はるたさんって、愛知県図書館は利用されてませんか?郵送貸出サービスというのがありますよ。と教えてくれた。

ふふーん。どうせ、郵送料かかるでしょ。
そんなお金ないもん。って思って見てみたら、

貸出

電話、郵便、メール等でお申し込みください。

【貸出点数】
図書6冊、AV資料(CD・ビデオなど)3点以内
【貸出期間】
郵送にかかる日数を含め、図書29日(4週間)、AV資料22日(3週間)以内

送料は、国と県が負担します(利用者のご負担はありません)。
http://www.aichi-pref-library.jp/yuusou.html


ななななんだって!?
国と県が負担????

びっくりした。
しかも問い合わせたら、期限は短いものの愛知県中の図書館からも借りられるとのこと。
そんなバカな・・・。

どうして今まで気がつかなかった?

僕は今まで、もう中学生くらいから、周りに本好きということを公言していたのに・・・。

本好きがいなかったということ?

他人のせいにしちゃあかんですが、なんで誰も教えてくれなかったんだろう。と漠然と思いました。

しかしまあ、大府市の図書館の蔵書は悲しいので、
これで快適な読書生活が送れそうです。

教えてくれた人には、ほんと、感謝です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ