移転しました。

当ブログは、変更になりました。 http://www.haruta.me/

Tag:障害者



暗闇から手をのばせ [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2014-01-08)



話題にはなっていましたが、映画として特別優れているとは思わなかった。
ただ、ホーキング青山がクソおもしろかった。素でやってるんじゃないかと思えるほど。
これが100%演技だとしたら、名役者すぎる。
これだけでも観る価値は、あるのかもしれない。

ちなみに、この映画の元になったデリヘル店舗は、
障害者専門のデリバリーヘルス/バリアフリーヘルス ハニーリップ[Honey-Rip]
と思われる。
主演の小泉麻耶レベルの女の子がいるかどうかは怪しい(笑)

個人的には、映画より以下の熊篠さんと監督の対談の方が面白い。

全部読んでいるわけでもなく、理解しているわけでもないですが、
私が気に入ってるというか、よく書いたな。あっぱれ。と思ってる部分です。
太字は、私の判断です。

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)

(指定障害福祉サービス事業者及び指定障害者支援施設等の設置者の責務)
第四十二条  指定障害福祉サービス事業者及び指定障害者支援施設等の設置者(以下「指定事業者等」という。)は、障害者等が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者等の意思決定の支援に配慮するとともに、市町村、公共職業安定所その他の職業リハビリテーションの措置を実施する機関、教育機関その他の関係機関との緊密な連携を図りつつ、障害福祉サービスを当該障害者等の意向、適性、障害の特性その他の事情に応じ、常に障害者等の立場に立って効果的に行うように努めなければならない。

2  指定事業者等は、その提供する障害福祉サービスの質の評価を行うことその他の措置を講ずることにより、障害福祉サービスの質の向上に努めなければならない。

3  指定事業者等は、障害者等の人格を尊重するとともに、この法律又はこの法律に基づく命令を遵守し、障害者等のため忠実にその職務を遂行しなければならない。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17HO123.html


ここに書いてあるからといって、何かがすぐ具体的にどうなるってこともないんでしょうが、
皆々様におかれましては、覚えておいてほしい文ではあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ヘルパー等による、たんの吸引まとめ(実質的違法性阻却も含む)として、まとめました。
ご確認ください




タイトルが穏やかではありませんが・・・

訪問看護ステーションとの初顔合わせで、
相談支援(実質の運営は社協)の担当者がお休みで、代わりに管理者の方が同席してくださいました。

看護師さんが移乗が何とかできたので、ようやく契約成立にいたりました。
軌道に乗るかどうかは分かりませんが、とりあえず利用ということで入ってもらえます。

ただ、私と相談支援管理者と訪問看護師で話しているときに、

管理者「ヘルパーさんのたん吸引は、研修受けた人が少ないからなかなかできないんですよね」とおっしゃられるものだから、

私「いや、正確には、やる気がある人が少ないからですよね」と言ったら、
それを遮るようにして、

管理者「いや、ヘルパーのたん吸引は、新しい研修受けていないとできないんですよ」と断言されました。


看護師さんも、やはりそうですか。みたいな感じでした。
私は、えええ。この人、何も知らないのか?と思いましたが、
本題が訪問看護のことで、ここで長々と説明するのも面倒だったので、次の話題にうつりました。

帰られたあと、とりあえず再度確認。やはり、できないと断言できる話はなく、
相談支援に長々と制度説明のメール。
そうしたら一言、
春田さんからご指摘いただいたお話ですが
制度の周知がまだ十分為されていないこと
を感じております。

1.周知が十分されていないから、春田が間違えたことを言ってくるのか。
2.周知が十分されていないから、私は断言して間違えてしまったのか。

そこは書いていなく、どちらとも取れる内容で、カチンときました。
もちろん、行政に近い人が曖昧な言い方で逃れるのは、しょうがないことだと思います。

が、しかし、最初の会話で断言したのがどうしても許せなくて、
しかも話を遮るようにして。
メールを読むに曖昧で通したいのなら、なぜ一貫して曖昧で通さないのか。

市内中で、こんなことを断言して言いふらしているのかと思うと絶望的な気持ちになりました。

正直、相談支援は前任者がすごく理解がある方で良かったので、
まさか現在の相談支援が利用者の足を引っ張るような行為をしてるのかと思うと、涙が出てきました。

それだったら、まだ何もしない方がマシです。

全国障害者介護制度情報が、どれだけの影響力があるのか知りませんが、
こういうページもあります。
医療的ケアの従来の通知を残す旨の通知について(解説)

http://www.kaigoseido.net/i/120329old-notice.pdf
改正法に基づかない介護職員等の喀痰吸引等がやむを得ないものかどうかは個別具体的に判断されることになるが、その際、喀痰吸引等は改正法に基づいて実施されるべきであることも勘案された上で判断されることになると考えられること

これのどこに、「研修受けていないとたんの吸引はしていけない」と断言できるレベルくらいのことが書いてあるのか。。。

ましてや、自分たち社協が研修開く気もないのに。

現在、愛知県内の研修は,サポートちたがたまにやってるくらいと聞いています。
定員はすぐオーバーするし、受講料は高いし、2日かかるし、
速やかに研修受けられるレベルですか?

無理解事業者を相手するのにほとほと疲れてるのに、信頼していたはずの相談支援もこんなんだったとは・・・。
かなり凹みました。

ヘルパー等による、たんの吸引まとめ(実質的違法性阻却も含む)として、まとめました。
ご確認ください
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨日からアンビシャスのスタッフの評価表をつけている。客観的に冷静につけようとするが難しい。書いていると自分はどうなのかとどんどん追いつめられてくる。何が良いか、何が良くないのか、本当のことは神しかわからないのではないだろうか。でもつけなければならない。
http://osanai-michiko.jp/blog/2013/02/08/367.html

僕、つけろと言われたら、自分がケアを受けているヘルパーに関してなら、つけられるな。
利用者諸先輩方と比べたらまだまだだと思うし、何を持ってして「いいヘルパー」なのかは人それぞれな気もするけど。
いい点、悪い点を箇条書きや事例なんかも入れつつ書けと言われたら書けますね。

いろんなヘルパーや支援を見ていると、自分の中で何かしら養われるものはあるように思います。

前に冗談で、Amazonみたいにヘルパーのレビューでも書いてみましょうか。と言ったら、
怖くて見られないから止めてください。と言われたけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

障害者に限らないことかもしれませんが、この世の中や人生をより良く生きていくための一つの方法として、

自分の応援団を増やしていく

ということが挙げられるのではないでしょうか。
人付き合いが苦手だったり、つながりをたくさん持つのが煩わしい人もいたり、またそう思うときもあります。

無理にする必要はないと思いますが、自分を応援してくれる人、手伝ってくれる人というのを増やしておくという意識は大切なんじゃないかなと思います。

それは、相手(応援団)が仕事としての関わりだとしてもです。

そう思ったのは、数年前に相談支援の人が、「春田さんの応援団が前よりどんどん増えてきましたね」と言われたことからでした。

あたしは、ひまわりのお母さんなのにできないことがいっぱいあります。でも、できるように自分で頑張ります。でも、それでもできなかったら手伝ってもらいます。できないこといっぱいあるけど、みんなに手伝ってもらいます。みんな、一緒。
だいすき!! [DVD]
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

まあ当たり前の話だけど、障害者でも金持ちとそうでない人っているんです。
ここ1、2年は、いろいろ障害を持たれる方と交流していました。「障害者」というジャンル分けに疑問もありますがそれはおいといて。

それで見えてきたことは、障害者でも、環境面や経済面で格差って、やっぱりあります。
それは、本人の努力の有無や度合いに限らず。
類は友を呼ぶというのは、あながち間違っていなくて、似たような人が集まっていたりもします。

だからどうしろってことは分かりませんが、社会的な認識としてそういうことも思っていた方がいいんじゃないのかな。とは思います。
そうすると、所得別で金持ちは負担を多くしろ。とか出てきますけど、ここで言ってるのは、そういうことではなくてね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

花見に行ったときの別の話です。
着いてすぐトイレに行きたくて、中央図書館のトイレに行きました。
案の定、並んでて障害者用トイレも障害の有無関係なく、普通に使ってるわけです。
それで僕も並んで、何分かして入れました。

いつもな感じで用を足していると、しばらくして、「トントントン」と扉を叩いてきます。
ヘルパーさんが、「入ってますよ」と言ってくれました。
それでも、またしばらくすると、「トントントン、まだですかー?」とちょっといら立った感じで、
子どもの声が返ってきます。何回か入ってますよと言ってくれましたが、
最後らへんは、かなり遊び感覚な感じで、トントン叩いてきます。

それで終わったので、ガラーッと扉を開けたら、
まさか車いすの人が入ってるとは思わなかったのでしょう(障害者用トイレだけど)
小学校低学年くらいの女の子でした。

はっ!とした顔になって、
まず最初に出たヘルパーさんに、しおらしく「ごめんなさい」と言ってました。
それで、僕の顔も見て、「本当にごめんなさい」と言ってました。

少しキュンとしました。

だから何ってこともないけど、印象的な出来事でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

11月のぽちポチ定例会は、市の防災担当・障がい担当の方をお招きして、防災講座をやる事になりました。

詳しくは、下記をご参照ください。
http://www.ipc-tokai.or.jp/~suzuoki/poti20111113.pdf
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今時の養護学校って、どういう雰囲気で、社会へ出てゆくためにどんなことを教えているのでしょう? 友達同士どんなおしゃべりをして、先生と生徒はどんなつきあい方をしているのでしょうか?

人間として当たり前の成長の過程を、大人になるための通過儀礼を経ないまま社会に出てゆく。そしてそれが体に障害をもつゆえに歪められているのだとしたら、それはそれで養護学校、もしくは障害児教育の問題点ではないでしょううか...?http://atarimae.jp/blog/001/2011/06/post-119.html

今どきの養護学校の現状は知りませんが、
僕は常々、極論を言えば、だから肢体不自由児の養護学校は止めろ。と言っている。
そもそも養護学校の先生って、変な人、多いんですよ。
あ、このブログを読んでおられる先生方は、きっとまともで優秀だと思います。(←よいしょ)
それプラス同級生の障害児が数人しかいないわけだから、社会性も育たないだろうし。

でもまぁ別に、学校で「大人になるための通過儀礼」を踏まなくてもいいんじゃないでしょうか。
若ければ若いほどいいのかもしれないけど、生きてりゃ、多かれ少なかれ早かれ遅かれ、いずれどこかで、
いろんな場面で遭遇すると思います。おいらみたいに。

去年秋の母親の入院を自分でヘルパーコーディネートして乗り切った自信のためか、
その後、何となく「もしかして、一人暮らしとかできるんじゃね?」と思っていました。

またいろんな情報も入手できたせいか、一人暮らしについての思いや考え方がまとまってきました。
よく「自立生活」っていう言葉が言われるけど、福祉用語な気がするので、あんまり使いたくないんですよね。

人によっても、意味合いが違ってくるし。
自立生活=一人暮らしという考え方だけでなくて、
経済的自立や日常生活の細かな自己選択も自立って考えるってこともできるし。

それで結論としては、一人暮らしをするためには明確な強い動機が必要だってこと。
それが今の僕には無い。

1)家族が煩わしくて一人暮らしを始めた。
→話を聞けば「あるあるネタ」みたいな感じで、ものすごくよく分かりますが、
自分に置き換えて、それが強い動機になるかっていうとならない。
一人暮らししても、たぶん、合わないヘルパーとか出てきて、ストレス度は同じだと思う。


2)自分の部屋に好きなポスターとか貼れない。
→貼ってます。思いっきり。綾瀬はるかを・・・・。若いころはグラビアアイドルのもあったけど、特に何も言われません。


3)好きな女性とか呼べない。
→呼んでます。。。普通に。たぶん過去、全員来てる・・・。別に恋愛感情なくても普通に女友達と会って話してたりするし、初めての人とかだと駅からの送迎とかさせてる・・・。送迎して。って言うと、えええとかは言われるけど。よく考えればひどい子かもしれん。
でも、たくさん会ってる中で例の件を一発で当てられたときは悲しかった。とても。全然話してないのに。


4)医療的ケアの問題
→ヘルパーが風邪を引いて派遣されるってことはなかなかないので、近くの風邪を引いてる人からの感染ということで悩まされることはないのかもしれません。
ただ、病気になった場合や指示がきちんと出せなくなった場合は、どうするのか。
また、痰詰まりのときなど、家族でも何とか苦労して排痰するときもあります。それが、ヘルパーにできるのかって考えると微妙。
さらに毎日のケアとして、吸入薬の管理、ガーゼ交換など、ヘルパー業務では黒に近いグレーの行為が多くあります。
訪問看護は毎日来てくれないでしょうし。
時が経てば、いずれ制度面で変わっていくのでしょうが、「あやしい」というのが現状です。


5)親の反対
以上の面から、母親は、現状では反対なようです。
僕も現状では特に強い動機もないので、放置です。


6)一人暮らしであって、一人暮らしではない
→僕は、24時間、誰かに傍にいてもらわないといけません。
一人暮らしとなると、仕事として介助者がつくことになります。
そうなると、常に誰かが近くにいる。そういう状態になるんじゃないかと。
家族だと、ある程度、ほっとかれます。実は、一人暮らしの方が束縛感が強まるんじゃないだろうかと思うときもあります。


7)総論
とまあ、そんなことを言っているうちは、今のままでしょう。
というか、いろんな話を聞いている中で、僕は恵まれているというのは思いました。
昔、はるたくんは温室育ちとか言う人もいましたが、本当にその通りなのかもしれません。

そもそも、一人暮らし原理主義みたいに考える人もいたりして、そういうのは見方が狭くなってるので、あまり好きではありません。
とはいうものの、施設は絶対いやですし、

・親が病気や高齢になったり、
・この人と一緒に住みたい!みたいな人が現れたりしたら、

状況は変わっていくのでしょう。
また、僕の家自身をケアホームとかにしても、それはそれでありだなって思います。
それは、親も言ってた。

一つの物事にとらわれず、大きく考えていくことは大切かと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ