春田康吏のブログ

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

タグ:養護学校

高校生のときは、訪問教育で、週3回家に先生が来ていた。 マンツーマン授業である。 基本的には良かったけど、合わない先生だと苦痛以外のなにものでもなかった。 一度だけ、若くて美人の先生が受け持ってくれたことがあって、授業自体はつまらなかったけど、いい思い出かも ...

去年は非公式なものでしたが、今年は職員研修という公式になり、人数も倍以上でした。 講師とか書いてあって、びびりました。 原稿を読んでもらったあと、質疑応答→控え室→質疑応答という流れ。 1時間半くらい。 帰ってきたら、ちょっと疲れました。水分はとってたけど ...

この記事は、2008年に書かれたものですが、加筆修正しておきます。 学校等の経歴です。 保育園(通園) よちよち歩きですが、歩いてはいました。 よって、みんなと同じですが、途中、大骨折をしてしまうことになります。 長期の入院をすることになりました。歩行器を使 ...

今時の養護学校って、どういう雰囲気で、社会へ出てゆくためにどんなことを教えているのでしょう? 友達同士どんなおしゃべりをして、先生と生徒はどんなつきあい方をしているのでしょうか? 人間として当たり前の成長の過程を、大人になるための通過儀礼を経ないまま社会 ...

まあ学校教育を終えた自分が、ああでもないこうでもない言うのもどうかとは思いますが、 やっぱり、特別支援学校の存在意義みたいなのは気になるわけで。 一つ一つ、ちくちくコメントしていきます。 町教委は一方で、地裁決定を不服として1日付で即時抗告。堀光博・同町教 ...

養護学校とか盲・聾学校が、特別支援学校という名称になったことについて、 慣れない。 名前自体は適切だと思うけど、聞くと、何じゃそれ?と思う。 どうでもいいことだけど。 特別支援学校 - Wikipedia 関連記事:とりあえず、学校というものが終わって思うこと ...

↑このページのトップヘ