春田康吏アーカイブス

在宅勤務をしている医療的ケアが必要な重度身体障害者のブログです。

Tag:1Q84

村上氏は、同事件を契機に、「今、生きている世界とは別の世界がすぐそこにあるのではないかという感覚が世界中に広がったように思う」と述べた上、「(米国に)別の大統領がいて、対イラク戦争もない世界が同時進行しているかもしれないという、そんなシュールな感情を書きたくなった」と語った。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100824-00000135-yom-soci


これを言うと、絶対理解してもらえないというか、「???」と思われるので、
あまり人には言わないようにしてるけど、

いくつもの世界が存在している。というのは、よく思ったりする。

この村上氏が言うように。

たとえば、タイムマシンができたとして、過去に行くとする。
まだ自分が生まれていない世界にまで行き、
そこで、物騒な話で恐縮だが、父母を殺したとする。

そうしたら、その時点で自分は消えるのか。

そうではなく、
父母がいない世界、自分が生まれない別の世界が続いていくだけだと思う。

世界というのは、常に枝分かれしていて、

自分が、こっちの世界に行っただけ。

そう思うことがある。

サッカーで言えば、2010年ワールドカップは、スペインが優勝したけど、
そうではない世界もあるし、
大方の見方通り、日本が3連敗した世界というのもあるんじゃないかと。

たまたま自分が、こっちの世界に行っただけ。
1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 2

1Q84 BOOK 3

一人でもいいから、心から誰かを愛することができれば、人生には救いがある。

たとえ、その人と一緒になることができなくても





誰かを心から愛することができれば、それがどんなひどい相手であっても、

あっちが自分を好きになってくれなかったとしても、少なくとも人生は地獄ではない。たとえいくぶん薄暗かったとしても





小説家とは問題を解決する人間ではない。

問題を提起する人間である(チェーホフ)

1Q84 BOOK 1

↑このページのトップヘ