春田康吏の資料室

ある重度身体障害者の記録と各種資料

タグ:NHK



長時間すぎて、本気度が伝わる番組でした。
ただ全作品、褒めすぎてそれはないだろと思ったりも。
全作品やったわけではないけど、それぞれ発売当初いろいろ言われていた記憶があります。

FF1・2
ここは本当やっていなくて分かりません。

FF3
もうFF6やFF7が出ていた頃、誰かに貸してもらって少しやったことがあるくらいです。
氷の世界があったような気がするのですが……。
ちなみに今、数年前に購入していたiOS版をやり始めています。

FF4・5
4は全く分かりません。
5は、何か携帯ゲーム機で少しやったような気がするのですが、あまり覚えていません。

FF6
これも名作だと思うのですが、きちんとはやっていない。
一生懸命やってる人のを見ていた記憶はあります。
これはいつかiOS版でやりたいですね。

FF7
相当やりました。CGがすごく感動しました。今、見ると大したことないのですが、
多感な中学生の時期に見たティファには終始興奮しました。

FF8
FF7がヒットし過ぎたせいか、当時不評だったような気がするのです。
BGMとか好きでしたが、キャラクターの顔が潰れてるというか。
魔法を吸い取って自分のものにするシステムも、は?って感じだったような。
結局、ラストが難しくてエンディングまでいけなかった記憶があります。

FF9
8の不評を受けて原点回帰をした作品だと思っています。
これだよ、これ。これを待っていたんだよという空気があったと思うのですが、どうなんでしょう。

FF10
もう一度、FF8のようなリアルな人物描写にチャレンジした作品だと思っていて、
それがプレステ2によって成功した作品かと。
始め、声が付いているのは違和感や気恥ずかしさもありましたが次第にストーリーにのめり込んでいけるようになりました。

FF11・12・13
ぼくのFF認識は10くらいまでですかね。
12は、なんか戦闘時に線が出ててよく分からん。
13は少しやった程度です。
ただ、13に関してはサントラをかなり聴き込んでいて、
なんでランキングに、
FINAL FANTASY XIII プレリュード


FINAL FANTASY XIII 〜誓い〜


この2曲がどこにもないのは不満でした。
植松伸夫じゃないから?
いや、浜渦正志もレベル高いですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

半分冗談ですので、あまり真剣に受け止めないでください。
そうしないと、やけどします。

何が言いたいのかというと、それぞれの番組って、人間みたいに性格があるよね。ってことで、勝手なイメージです。

分かる人は、分かって頂けるものと思っていますが、評判がよくなければ考えます。

きらっといきるhttp://www.nhk.or.jp/kira/
障害者のリア充自慢番組。
私は、いかにして充実した幸せすぎる毎日を送っているか自慢する。
ちょっと、おっちょこちょいな部分も見せたりするけど、毎日がすごく楽しい。
まさしく、きらっといきる。ときとして、ぎらっとな部分も。


福祉ネットワークhttp://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/
前述の「きらっといきる」が子どもだとしたら、こちらは大人。
障害と真摯に向き合って、謙虚に生きる。お酒は、たしなむ程度。
浮ついた感情なんて抱かない。真面目に生きていれば、きっといいことがある。


ハートをつなごうhttp://www.nhk.or.jp/heart-net/hearttv/
森ボーイ・森ガールたちが集う場。
人は人、自分は自分。マイペースで、ゆっくり生きていければいいよね。
なにかいいことがあるといいなあ。


24時間テレビ「愛は地球を救う」http://www.ntv.co.jp/24h/
とにかく頑張る。汗を流す。ときとして、死んでもいい。それくらいの気持ち。
それをみんなに見てもらう。そのことによって、もっと頑張れる。
頑張って死ねたら本望。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

バクマン。」も「ドラゴンボール改」も終わってしまったので、毎週楽しみにしているアニメが無くなってしまった。

なんかないかなぁと思っていたら、弟が、ジャイアントキリングっていうのがサッカー監督の目線で描いたマンガで面白い。って言っていた。
確かに、プレーヤー目線のサッカー漫画ならいくらでもあるけど、マネジメント側はないかもなぁと思って、
NHKのアニメを観たら、はまった。まだ3話なので、これからどうなっていくのか分からないが、

これは、面白い!!!

自分が興味のある、日ごろから模索している「弱者の戦い方・生き方」を学べる。

これは、久々のヒットです。
ジャイアントキリングを起こす19の方法

GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

もじゃモギさん

NHK "MOJA-MOGI" by Yugo Nakamura

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

e3b6a4af.JPG分かる人は分かるちりとて話



←初期の草々さん。



こんな髪型にしたい。と言ったら、猛反対された。



それに、こういうパーマをかける髪型は、並大抵にできるもんじゃないらしい。

労力と時間。

それにパーマは、何やら薬液をたっぷりつけるらしい。



身体が弱い自分は、とても耐えられそうにないということで断念。

普通に、いつも通り散髪をしたのでした。



弟は、「そんなんになったら、もう一緒におれん」と。



よくよく自分でも考えてみたら、

メガネをかけているので、昔の鶴瓶さんみたいになるかもと思った。

つるべ



参考リンク

Life with No Name | 二人目の刺客

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

視点を変えるというか、考え方を少し変えたら一つのことは少し気持ちが楽になったような気がする。まだまだだけど。 そうしたら、逢いたい人が出てきた。いま、会いにきてくれないだろうか。いつか来る気はするけど。。。分からない。未知数。



試験が終わったので、録画しておいた「ハゲタカ」を観始める。実際やり始めていたときは、第1回目を見逃したので結局観なかった。アンコール放送ありがたい。鷲津さん(大森南朋)かっこいいと思う。人によって、それぞれ見方はあるだろうけど。

ハゲタカ DVD-BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

http://blog.livedoor.jp/sumikichi_blog/
なんの団体や役職とも

関連のない、あくまで

「いち個人」のブログ
と書いてあるものの、現役のNHKアナウンサーが、あの悪名高き(?)ライブドアでブログ書いてるのはすごいな。と思う。。。逆に好感が持てるかも。プロフェッショナル仕事の流儀で、茂木さんの隣にいる人です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ