窪美澄作品は、どれもタイトルが逸脱である。
それに惹かれて読んでみるのだが、期待以上のストーリーには出会えない。

https://amzn.to/3iSelMc

この作品は、なんと7年前に読んでいた。
そのときも記録によると低評価だったが、今回も全くストーリーを思い出せないまま最後まで読み、
やはりなんだかいまいちだったなという感想を抱いてしまった。
新たに分かったことと言えば、主人公はHSP気質があるのではないのかということ。