まずは、すぐに日記をつけることをお願いして、出版までこぎ着けた企画力にアッパレ。
内容は、緊急事態宣言が出されたことによる戸惑いと不安が大半だった。
実際に新型コロナウイルス感染症にかかったり(疑いはあったが)、周りでかかった人がいたりという人はいなかった。
直接的な実害がある人はこの時点ではいなかったためか、
どこかしんとした静かな日常が描かれているように感じた。
記録としては、いい本だと思う。