ベストセラーで評価も高い本のようだけど、個人的に特別なにか真新しさだったり発見がある本ではなかった。
「そうですか」
「そういうこともありますかね」
そんな感想しか生まれてこなかった。