この作品の醍醐味は、やはり給食の実食シーンである。
それが十分に生かされているとは言えない劇場版であった。
さらにバッドエンドで終わったのは意外だった。