「手で書くこと」についての古今東西のことが書いてある。
なんのことはないが、上質な文章という感じがした。