西加奈子作品は初めて。
長濱ねるとの対談を読みたくて購入。
確かに、「孫係」「あねご」は印象的な作品だが、どれも読後感がざわつくとか、
スッキリするとかそういったことはなかった。
突っ込みどころも特になかった。
対談の方が、アイドル時代大変だったんだね…とざわついた。