原作なしのオリジナル脚本でここまでのものを作れるのは近年では珍しいのではないだろうか。
入れ替わりストーリーがあまり好きではないので期待せずに観たが、
綾瀬はるかと高橋一生の演技力の高さに引き込まれてしまった。
これは「当たり」作品である。