軽度の知的障害があると思われるような人物を盗撮してYouTubeにアップロードする話とも取れる。
これは地上波では放送できないだろう。
その点を無視したとしても、笑えるかと言うと、以前にも書いたとおり、
三谷幸喜の笑いはもう笑えない。
しかしこの作品の唯一の救いは、佐藤二朗である。
彼がいてくれて良かった。
そう思える作品である。
あと山本千尋は初めて観たが、広瀬すずに似ている。